コミットメッセージに怪文書を書いてしまったのでここにバックアップログとして残しておこうと思う。

git logとは逆順に、古い方から載せる。

コミット

1
2
3
4
5
commit 0d1d1b8c86663a3e534061f584ea3d00c78f78a1(HEAD -> master, origin/master, origin/HEAD)
Author: cutls <web-pro@cutls.com>
Date: Thu May 21 20:09:37 2020 +0900

新田美波は第9回シンデレラガール総選挙で見事総合8位/クール属性5位という快挙を成し遂げた。前回の総選挙は29位であったため、21位もランクアップを果たしたことになる。これはひとえにすべての美波Pのダイマの結晶であるというほかない。私は美波Pの端くれとして総選挙結果を祝うべく、ここにこのコミットを行う。

文書として書く。

新田美波は第9回シンデレラガール総選挙で見事総合8位/クール属性5位という快挙を成し遂げた。前回の総選挙は29位であったため、21位もランクアップを果たしたことになる。これはひとえにすべての美波Pのダイマの結晶であるというほかない。私は美波Pの端くれとして総選挙結果を祝うべく、ここにこのコミットを行う。

コミット

1
2
3
4
5
commit e06e64a40e70ae39797d48c414e2470332507a62 (HEAD -> master, origin/master, origin/HEAD)
Author: cutls <web-pro@cutls.com>
Date: Fri May 22 14:14:11 2020 +0900

新田美波の第9回シンデレラガール総選挙における大躍進の余韻も冷めぬなか、残念ながら次のコミットをしなければならなくなった。このコミットの一つ前に記念コミットを残しておいたので、もしこのコミットメッセージを読んでいるならばこの一つ前のコミットもぜひのぞいてみてほしい。このコミットではデザインの修正とメアドの変更、TheDesk Docsの説明文変更が含まれている。ここまで書いて私はGitHubのコミットメッセージの限界に挑戦したくなった。ここまでで250文字弱。まだいけるだろう。私がデレマスに足を踏み入れたのはそこまで古くなく、2016年の夏のことであった。そして2016年8月8日、当時最新の限定SSRであった[夏色の南風]新田美波をたまたま引いたら出してしまったのである。まだ2人目のSSRであった。また、1人目のSSRは恒常の速水奏だった。2人が仲がいいのは当時からコミュで察してはいたが、知識は全くなくその3年後にあの名曲、Secret Daybreakなんてものが出るとは予想していなかった。限定ということもあり、すぐユニットのセンターに抜擢され、ファン数を稼ぎ、いつの間にか担当の称号を得て、自分でも担当を名乗るようになってしまった。自分は次元を問わず推し/担当アイドルを血液型で選ぶ傾向がある。自分の血液型はOだし、新田美波も、当時欅坂46で推していたアイドルもO型だ。自分も疑似科学の類はあまり信じたりはしないが、唯一血液型と性格の相関だけは信じている。血液型と性格に相関はないと言われているのは知っていたが、自分の直感にマッチする推し/担当はO型である確率が極めて高いのだ。イリュージョニスタ!は自分がデレステを始めてから初めて新田美波が舞台に立ったイベントなはずだが、あまり記憶がない。今年は美波の年か、と思ったくらいだ。ちょうど直後に「秋めいて Ding! Dong! Dang!」もあったし…これいつになったらデレステに来るの?曲と言えば、2018年4月にはVoyageという滝澤さんと朝倉路さんの名曲が出た。ソロ2週目実装ようやく来たかという感じであった。あえて試聴はしなかった。∀NSWER、Dreaming of youときて3曲目にVoyageを初めて聴いたとき、なるほどなと思った。別に何か疑問があったりしたわけではないが、何かが腑に落ちた気がした。これが新田美波のソロ2週目か、と。あと、Dreaming of Youは広川恵一さんの最高傑作だと思う。マジで。曲として最高。そうやっていつの間にか月日はすぎ、新田美波は前回のSSR実装から最も日数が経っているアイドルになった。2018年5月のことである。そういう理由から、月末ガシャに来るのはもはや想定内だった。驚きはなかった。そして全力で引いた。すべてのコミュを開けた。[渚の花嫁]新田美波を引くことができたのは2018年6月4日だった。このときに「スマホと撮った」記念写真のときに取ったポーズは、自分の喜びを表すときに常用するようになった。ブライダル美波は属性固定で総アピ値50%アップなので、またすぐセンターになった。銀のイルカと熱い風は幸せなイベントだった。ただGrooveを楽しく走って営業も回って991位だった。3桁は初めてだった。この年もまた、美波の年だな、と思った。次の年のGW前、無重力シャトルを新田美波が歌うと知ったときは驚いた。あのゆずの北川悠仁さんのCM伏線回収を美波がするなんて…。ゆずは一度ライブに行ったことがあるほど好きだし、もうとにかく本当に良かった。忙しくて上位を狙うようなことはできなかったのが本当に残念だ。その時のプロフィールには「令和は美波で始まった」と書いた。今年も美波の年だ、と思った。でも、この年は個人的に忙しい年だった。その点でSecret Daybreakが来ることを知ったときは泣いた。この忙しささえなければ…。ただ空き時間を縫ってちまちまとやって一応順位関係なくもらえる報酬SRは全部もらったが、それ以上できなかった。そもそもその時は日常的にデレステを開いてすらいなくて、友達からいきなり「息してる?」ってリプライが飛んできてそれで知った。さて、無重力シャトルのころから懸念していたことがあった。フェス限美波である。そろそろ来てもおかしくないだろうとなっていた。無重力シャトルのときについでにフェス限のボイスもレコーディングしてるんじゃないかと勘繰って、4月末のフェス限は震えて待った。結果として小日向美穂フェス限で、これはこれで担当なので結局引きにいったが。そして、フェス限が近づくたびに財布の中身を確認していた。今年の4月末、シルエットが出る前からもうさすがに来るという話をどこからか聞いて、しばらくしたのちのシルエットで確定した。やっぱりゴールデンウイークは新田美波なんだなぁと、たった2年の事例で決めつけながらも、とりあえず1万円突っ込んでみた。しかし、これは日ごろの担当力だろうか、34連目ですんなり出た。選挙は美波に全票突っ込むか正直迷っていた。変な結果主義に陥ってしまうと、勝てそうなアイドルに票を入れたくなるものである。なお、Athanasiaは前々から好きな曲だったのでちゃんと走ってそれなりの投票券は持っていた。Athanasiaは自分が一番病んでいたときに発売され、最も元気をくれた曲なので走らないと失礼だとさえ思っていたのだ。そしてそれなりの投票券はやっぱり全部新田美波に突っ込もうと決めた。これはやはりフェス限の力が大きい。美波に突っ込まざれば美波なんぞ出るわけがない。その時点のありったけを全て突っ込んだ。それでも結果はそこまで期待してなかった。キモオタの目線で、「行けるところまで行ってくれたらいいよ」とだけ思っていた。そして昨日の12時になってそこまでドキドキすることもなくデレステを起動した。10位, 9位ときてやはりここらへんが強いなぁと思い、8位を見た瞬間に驚いた。泣いた。これがフェス限ブーストなのか?フェス限を出せば21位も順位が上がるのか?じゃあ、来年は?気が動転しすぎて、どんどんネガティブな方へ思想が移行していく。正直に言うと、よっぽどのことが無い限り今年以上の順位にはならないだろう。しかし、そのよっぽどのことを起こすのはだれかと言われれば、絶え間なく新田美波の担当であり続ける美波Pなのだろう。これからも美波Pは続けようと決心した。今年も美波の年だということなのだろう。来年も美波の年だよね?うーん、キモいな。なお、余談かもしれないがボイスオーディションは全部あかりんごに突っ込んだ。

文章化する。コミットメッセージは一行で書いたが、読みにくいので適宜改行を入れる。

新田美波の第9回シンデレラガール総選挙における大躍進の余韻も冷めぬなか、残念ながら次のコミットをしなければならなくなった。このコミットの一つ前に記念コミットを残しておいたので、もしこのコミットメッセージを読んでいるならばこの一つ前のコミットもぜひのぞいてみてほしい。このコミットではデザインの修正とメアドの変更、TheDesk Docsの説明文変更が含まれている。ここまで書いて私はGitHubのコミットメッセージの限界に挑戦したくなった。ここまでで250文字弱。まだいけるだろう。

私がデレマスに足を踏み入れたのはそこまで古くなく、2016年の夏のことであった。そして2016年8月8日、当時最新の限定SSRであった[夏色の南風]新田美波をたまたま引いたら出してしまったのである。まだ2人目のSSRであった。また、1人目のSSRは恒常の速水奏だった。2人が仲がいいのは当時からコミュで察してはいたが、知識は全くなくその3年後にあの名曲、Secret Daybreakなんてものが出るとは予想していなかった。

限定ということもあり、すぐユニットのセンターに抜擢され、ファン数を稼ぎ、いつの間にか担当の称号を得て、自分でも担当を名乗るようになってしまった。自分は次元を問わず推し/担当アイドルを血液型で選ぶ傾向がある。自分の血液型はOだし、新田美波も、当時欅坂46で推していたアイドルもO型だ。自分も疑似科学の類はあまり信じたりはしないが、唯一血液型と性格の相関だけは信じている。血液型と性格に相関はないと言われているのは知っていたが、自分の直感にマッチする推し/担当はO型である確率が極めて高いのだ。

イリュージョニスタ!は自分がデレステを始めてから初めて新田美波が舞台に立ったイベントなはずだが、あまり記憶がない。今年は美波の年か、と思ったくらいだ。ちょうど直後に「秋めいて Ding! Dong! Dang!」もあったし…これいつになったらデレステに来るの?曲と言えば、2018年4月にはVoyageという滝澤さんと朝倉路さんの名曲が出た。ソロ2週目実装ようやく来たかという感じであった。あえて試聴はしなかった。∀NSWER、Dreaming of youときて3曲目にVoyageを初めて聴いたとき、なるほどなと思った。別に何か疑問があったりしたわけではないが、何かが腑に落ちた気がした。これが新田美波のソロ2週目か、と。あと、Dreaming of Youは広川恵一さんの最高傑作だと思う。マジで。曲として最高。

そうやっていつの間にか月日はすぎ、新田美波は前回のSSR実装から最も日数が経っているアイドルになった。2018年5月のことである。そういう理由から、月末ガシャに来るのはもはや想定内だった。驚きはなかった。そして全力で引いた。すべてのコミュを開けた。[渚の花嫁]新田美波を引くことができたのは2018年6月4日だった。このときに「スマホと撮った」記念写真のときに取ったポーズは、自分の喜びを表すときに常用するようになった。ブライダル美波は属性固定で総アピ値50%アップなので、またすぐセンターになった。銀のイルカと熱い風は幸せなイベントだった。ただGrooveを楽しく走って営業も回って991位だった。3桁は初めてだった。この年もまた、美波の年だな、と思った。

次の年のGW前、無重力シャトルを新田美波が歌うと知ったときは驚いた。あのゆずの北川悠仁さんのCM伏線回収を美波がするなんて…。ゆずは一度ライブに行ったことがあるほど好きだし、もうとにかく本当に良かった。忙しくて上位を狙うようなことはできなかったのが本当に残念だ。その時のプロフィールには「令和は美波で始まった」と書いた。今年も美波の年だ、と思った。でも、この年は個人的に忙しい年だった。その点でSecret Daybreakが来ることを知ったときは泣いた。この忙しささえなければ…。ただ空き時間を縫ってちまちまとやって一応順位関係なくもらえる報酬SRは全部もらったが、それ以上できなかった。そもそもその時は日常的にデレステを開いてすらいなくて、友達からいきなり「息してる?」ってリプライが飛んできてそれで知った。

さて、無重力シャトルのころから懸念していたことがあった。フェス限美波である。そろそろ来てもおかしくないだろうとなっていた。無重力シャトルのときについでにフェス限のボイスもレコーディングしてるんじゃないかと勘繰って、4月末のフェス限は震えて待った。結果として小日向美穂フェス限で、これはこれで担当なので結局引きにいったが。そして、フェス限が近づくたびに財布の中身を確認していた。今年の4月末、シルエットが出る前からもうさすがに来るという話をどこからか聞いて、しばらくしたのちのシルエットで確定した。やっぱりゴールデンウイークは新田美波なんだなぁと、たった2年の事例で決めつけながらも、とりあえず1万円突っ込んでみた。しかし、これは日ごろの担当力だろうか、34連目ですんなり出た。

選挙は美波に全票突っ込むか正直迷っていた。変な結果主義に陥ってしまうと、勝てそうなアイドルに票を入れたくなるものである。なお、Athanasiaは前々から好きな曲だったのでちゃんと走ってそれなりの投票券は持っていた。Athanasiaは自分が一番病んでいたときに発売され、最も元気をくれた曲なので走らないと失礼だとさえ思っていたのだ。そしてそれなりの投票券はやっぱり全部新田美波に突っ込もうと決めた。これはやはりフェス限の力が大きい。美波に突っ込まざれば美波なんぞ出るわけがない。その時点のありったけを全て突っ込んだ。

それでも結果はそこまで期待してなかった。キモオタの目線で、「行けるところまで行ってくれたらいいよ」とだけ思っていた。そして昨日の12時になってそこまでドキドキすることもなくデレステを起動した。10位, 9位ときてやはりここらへんが強いなぁと思い、8位を見た瞬間に驚いた。

泣いた。これがフェス限ブーストなのか?フェス限を出せば21位も順位が上がるのか?じゃあ、来年は?気が動転しすぎて、どんどんネガティブな方へ思想が移行していく。正直に言うと、よっぽどのことが無い限り今年以上の順位にはならないだろう。しかし、そのよっぽどのことを起こすのはだれかと言われれば、絶え間なく新田美波の担当であり続ける美波Pなのだろう。これからも美波Pは続けようと決心した。

今年も美波の年だということなのだろう。来年も美波の年だよね?

うーん、キモいな。

なお、余談かもしれないがボイスオーディションは全部あかりんごに突っ込んだ。

以上  

以下文字密度の暴力を味わうステージ

新田美波の第9回シンデレラガール総選挙における大躍進の余韻も冷めぬなか、残念ながら次のコミットをしなければならなくなった。このコミットの一つ前に記念コミットを残しておいたので、もしこのコミットメッセージを読んでいるならばこの一つ前のコミットもぜひのぞいてみてほしい。このコミットではデザインの修正とメアドの変更、TheDesk Docsの説明文変更が含まれている。ここまで書いて私はGitHubのコミットメッセージの限界に挑戦したくなった。ここまでで250文字弱。まだいけるだろう。私がデレマスに足を踏み入れたのはそこまで古くなく、2016年の夏のことであった。そして2016年8月8日、当時最新の限定SSRであった[夏色の南風]新田美波をたまたま引いたら出してしまったのである。まだ2人目のSSRであった。また、1人目のSSRは恒常の速水奏だった。2人が仲がいいのは当時からコミュで察してはいたが、知識は全くなくその3年後にあの名曲、Secret Daybreakなんてものが出るとは予想していなかった。限定ということもあり、すぐユニットのセンターに抜擢され、ファン数を稼ぎ、いつの間にか担当の称号を得て、自分でも担当を名乗るようになってしまった。自分は次元を問わず推し/担当アイドルを血液型で選ぶ傾向がある。自分の血液型はOだし、新田美波も、当時欅坂46で推していたアイドルもO型だ。自分も疑似科学の類はあまり信じたりはしないが、唯一血液型と性格の相関だけは信じている。血液型と性格に相関はないと言われているのは知っていたが、自分の直感にマッチする推し/担当はO型である確率が極めて高いのだ。イリュージョニスタ!は自分がデレステを始めてから初めて新田美波が舞台に立ったイベントなはずだが、あまり記憶がない。今年は美波の年か、と思ったくらいだ。ちょうど直後に「秋めいて Ding! Dong! Dang!」もあったし…これいつになったらデレステに来るの?曲と言えば、2018年4月にはVoyageという滝澤さんと朝倉路さんの名曲が出た。ソロ2週目実装ようやく来たかという感じであった。あえて試聴はしなかった。∀NSWER、Dreaming of youときて3曲目にVoyageを初めて聴いたとき、なるほどなと思った。別に何か疑問があったりしたわけではないが、何かが腑に落ちた気がした。これが新田美波のソロ2週目か、と。あと、Dreaming of Youは広川恵一さんの最高傑作だと思う。マジで。曲として最高。そうやっていつの間にか月日はすぎ、新田美波は前回のSSR実装から最も日数が経っているアイドルになった。2018年5月のことである。そういう理由から、月末ガシャに来るのはもはや想定内だった。驚きはなかった。そして全力で引いた。すべてのコミュを開けた。[渚の花嫁]新田美波を引くことができたのは2018年6月4日だった。このときに「スマホと撮った」記念写真のときに取ったポーズは、自分の喜びを表すときに常用するようになった。ブライダル美波は属性固定で総アピ値50%アップなので、またすぐセンターになった。銀のイルカと熱い風は幸せなイベントだった。ただGrooveを楽しく走って営業も回って991位だった。3桁は初めてだった。この年もまた、美波の年だな、と思った。次の年のGW前、無重力シャトルを新田美波が歌うと知ったときは驚いた。あのゆずの北川悠仁さんのCM伏線回収を美波がするなんて…。ゆずは一度ライブに行ったことがあるほど好きだし、もうとにかく本当に良かった。忙しくて上位を狙うようなことはできなかったのが本当に残念だ。その時のプロフィールには「令和は美波で始まった」と書いた。今年も美波の年だ、と思った。でも、この年は個人的に忙しい年だった。その点でSecret Daybreakが来ることを知ったときは泣いた。この忙しささえなければ…。ただ空き時間を縫ってちまちまとやって一応順位関係なくもらえる報酬SRは全部もらったが、それ以上できなかった。そもそもその時は日常的にデレステを開いてすらいなくて、友達からいきなり「息してる?」ってリプライが飛んできてそれで知った。さて、無重力シャトルのころから懸念していたことがあった。フェス限美波である。そろそろ来てもおかしくないだろうとなっていた。無重力シャトルのときについでにフェス限のボイスもレコーディングしてるんじゃないかと勘繰って、4月末のフェス限は震えて待った。結果として小日向美穂フェス限で、これはこれで担当なので結局引きにいったが。そして、フェス限が近づくたびに財布の中身を確認していた。今年の4月末、シルエットが出る前からもうさすがに来るという話をどこからか聞いて、しばらくしたのちのシルエットで確定した。やっぱりゴールデンウイークは新田美波なんだなぁと、たった2年の事例で決めつけながらも、とりあえず1万円突っ込んでみた。しかし、これは日ごろの担当力だろうか、34連目ですんなり出た。選挙は美波に全票突っ込むか正直迷っていた。変な結果主義に陥ってしまうと、勝てそうなアイドルに票を入れたくなるものである。なお、Athanasiaは前々から好きな曲だったのでちゃんと走ってそれなりの投票券は持っていた。Athanasiaは自分が一番病んでいたときに発売され、最も元気をくれた曲なので走らないと失礼だとさえ思っていたのだ。そしてそれなりの投票券はやっぱり全部新田美波に突っ込もうと決めた。これはやはりフェス限の力が大きい。美波に突っ込まざれば美波なんぞ出るわけがない。その時点のありったけを全て突っ込んだ。それでも結果はそこまで期待してなかった。キモオタの目線で、「行けるところまで行ってくれたらいいよ」とだけ思っていた。そして昨日の12時になってそこまでドキドキすることもなくデレステを起動した。10位, 9位ときてやはりここらへんが強いなぁと思い、8位を見た瞬間に驚いた。泣いた。これがフェス限ブーストなのか?フェス限を出せば21位も順位が上がるのか?じゃあ、来年は?気が動転しすぎて、どんどんネガティブな方へ思想が移行していく。正直に言うと、よっぽどのことが無い限り今年以上の順位にはならないだろう。しかし、そのよっぽどのことを起こすのはだれかと言われれば、絶え間なく新田美波の担当であり続ける美波Pなのだろう。これからも美波Pは続けようと決心した。今年も美波の年だということなのだろう。来年も美波の年だよね?うーん、キモいな。なお、余談かもしれないがボイスオーディションは全部あかりんごに突っ込んだ。

誤字脱字が多すぎたので一回git resetで歴史改変したが、それでも読みにくい文章である。